The Scientist [Japan]

minamisannriku.JPG

 

こんなに美しくて、静かな海なのに・・・


ここは宮城県南三陸町『南三陸ホテル観洋』露天風呂からの朝焼け。
2011年3月11(金)に発生した東日本大震災の1年半程前に訪れたホテルです。
海が豹変するなんて思ってもみなかった。

この写真をupする時は絶対に「ColdplayのThe Scientistにしよう!」と決めていました。
曲名や歌詞の内容ではなくメロディーが朝焼けにピッタリだと思ったから。
それだけの理由です(汗)

そして、PVを見て思ったこと。
車の事故で彼女が死んでしまい出来ることなら過去に戻りたい・・・
という気持ちを伝いたいPVなのかな?と・・・

私も過去に戻りたいことは沢山あります。
でも前進しなければならない事も沢山あるのです。

『南三陸ホテル観洋』は地震後の大津波で被災しながらも
地元の方々に衣食住を提供している・・・と当時のニュースで知りました。
現在は営業を再開されているそうですが、まだまだ不便な事沢山あるんだろうなぁ~。

 ♪Coldplay - The Scientist


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

For The Children [Japan]

fuji.JPG

成田を離陸して間もなく、まだシートベルト着用サインが消えないときに

「富士山が見えてきました」

と機長からのアナウンス。
富士山の火口を見たのは初めてだったのでとても感動しました。
目の前に座っていた客室乗務員の方が

「今日はちょこっと機長がサービスしていますね」

とニコニコしながら話してくださった。
本州を横断して九州を通過する頃に今度は

「雲仙・普賢岳が見えてきました」

とまた機長からのアナウンス。
機長は山好きの方だったのだろうか?(笑)
客室乗務員のスカーフの巻き方がとても素敵だったので教えてもらったり・・・
とても感じの良い方々だった。

この航空会社の名前は 
『日本アジア航空』

政治のことは良くわからないけれど、当時は日本航空で台湾への乗り入れは
禁止されていたので別会社を設立して日本と台湾を就航していた航空会社です。

世の中様変わりして早い流れに着いていけないことが沢山あって・・・(汗)
でも何年も何十年先も変わらない、美しい富士山を見ることが出来たら嬉しいな~♪

♪Timothy B Schmit - For The Children

Once upon a time I - I could bathe in the sun
By the ocean so blue
I could smell the rainfall
And watch the pure water run
The taste it was true
 
遠い昔
僕は青い青い海のそばで
太陽の光をいっぱい浴びていた
雨の匂いを嗅ぎ
清らかな流れを見つめることが出来た
その水は本物の味がした

I used to be able to see so far away
I had nothing to fear
And now it's so hard
To feel the clear light of day
The world is so insincere

ずっとずっと遠くまで見渡すことが出来た
何も怖いものはなかった
それが今では
澄み切った太陽の光を浴びることさえ難しい
世界は偽りだらけになってしまった

We must all go into our hearts
Then we will know just how to start
We've got to give all - all we can possibly give
For the children to live

僕らはみんなでもう一度心を探らねばならない
そしたら再出発の方法がわかるだろ
僕らは可能な限り努力をして
残していこう
これから生きていく子供達のために

When I was a young boy I could play by the street
And laugh with my friends
We were never scared of
Anyone we might meet
We never thought it could end

子供の頃は
道端で遊ぶことができた
そして友達と笑いあった
誰に会おうが
恐れはしなかった
あんな時代が終わるとは思ってもみなかった


As I go on I have a strong feeling of sorrow
I've got to know our love will grow with hope for tomorrow

生きていくほどに
悲しい思いはつのるばかり
僕は信じたいのさ
僕らの愛が明日への希望と共に育っていくと

We must all go into our hearts
Then we will know just how to start
We've got to give all - all we can possibly give
For the children to live

僕らはみんなでもう一度心を探らねばならない
そしたら再出発の方法がわかるだろ
僕らは可能な限り努力をして
残していこう
これから生きていく子供達のために


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます